Report

  1. 厚労省による「健康に配慮した飲酒に関するガイドライン」の解説

    「健康に配慮した飲酒に関するガイドライン」とは「健康に配慮した飲酒に関するガイドライン」とは、厚生労働省が、飲酒に伴うリスクに関する知識の普及の推進を図るため、国民それぞれの状況に応じた適切な飲酒量・飲酒行動の判断に資する資料を作成し公表したものです。

    続きを読む
  2. のんある探訪:ノンアル・ローアルボトルショップ&バー(渋谷パルコ)

    株式会社パルコ(本部:東京都渋谷区、以下パルコ)では、毎年1月前後にDry Januaryに関連したノンアルコールドリンクのイベントを実施しています。

    続きを読む
  3. 1ヶ月間の禁酒チャレンジ:「Dry January」とは

    Dry JanuaryとはDry Januaryとは、英国の団体であるAlcohol Change UKが2013年から始めたキャンペーンです。

    続きを読む
  4. ノンアルコールドリンクで高血圧は防げるのか?

    血圧とは何か?血圧とは心臓から送り出された血液が動脈の内壁を押す力のことです。血圧の高さは、心臓が血液を押し出す力と血管の拡張で決まります。また、血管の弾力性も関係しています。加えて血圧は、腎臓や神経系、内分泌系、血管内皮からの物質など、多くの因子によって調整されています。

    続きを読む
  5. 韓国で買える!ノンアルコールビール一覧

    本記事では、2023年10月に訪問した韓国で、購入できるノンアルコールビールをまとめています。日本では購入できない商品もありますので、是非韓国へ行ったら購入してみて下さい。

    続きを読む
  6. 70種類以上を飲んだ管理人hk5が選ぶ、本当に美味しいノンアルコールビール9選(ALC0.0%編)

    ※本記事は、2023年9月時点でのランキングです。はじめに現在、様々なノンアルコールドリンクが発売されています。ドリンクの種類としてはビールの他、ワイン、サワー、カクテル、日本酒、焼酎があり、各メーカーの努力もあり、日々味の進化が止まりません。

    続きを読む
  7. のんある探訪:Newcomer Mocktail(渋谷パルコ)

    Newcomer Mocktailは、誰でも楽しめるノンアルコールカクテル「モクテル」をフィーチャーしたイベントであり、渋谷パルコにて2023年7月23日に開催されました。

    続きを読む
  8. ノンアル・低アル・微アルという言葉の比較

    昨今の日本において、ノンアルコールドリンクはスーパーやコンビニで売られる等、一般化してきました。味という面ではまだまだアルコールが入ったドリンクに及ばないものの、ビールを中心にかなり美味しくなったようにも思えます。

    続きを読む
  9. ノンアルメーカー紹介:サッポロビール株式会社

    はじめに「ノンアルメーカー紹介」シリーズは、ノンアルドリンク市場に製品を投入するメーカー単位でクローズアップし、歴史や製品の紹介、特徴を紹介していく記事です。続いては、サッポロビール株式会社です。

    続きを読む
  10. のんある探訪:塚田農場

    塚田農場は、株式会社エー・ピーホールディングスが展開する地鶏居酒屋チェーンであり、主に首都圏と関西地方で展開しています。塚田農場の名前の由来は「神話の国、宮崎」らしく、直営鶏舎があった宮崎県日南市の塚田地区に現存する「塚田神社」がモチーフになっています。

    続きを読む
ページ上部へ戻る