トリビア

  1. ノンアルコールビール戦争での各企業の販売戦略

    ノンアルコールビール戦争とは?大手のビールメーカーから新製品が次々と発売され、ノンアルコールビールのシェア争いが非常に激しかった、2009年4月から2017年頃を指します。なんとこの8年間で、シェアトップの交代が三回起きる等、激しい競争が起きていました。

    続きを読む
  2. なぜ清涼飲料水の棚にノンアルコールドリンクが置いていないのか?

    コンビニやスーパーで感じる違和感皆さんはコンビニやスーパーでノンアルコールドリンクを購入する際に、違和感を感じたことはありませんか?アルコールを微量含むならまだわかりますが、アルコールを全く含まないノンアルコールドリンクもアルコールコーナーに置いてあるのです。

    続きを読む
  3. クラフトビールメーカーが作るノンアルコールビール一覧

    クラフトビールとはビール市場は年々縮小傾向にあり、1992年をピークに2017年の製成量は半分以下となっています。これはバブル経済崩壊の影響による消費者の節約志向等により、ビールより安い「発泡酒」や「第三のビール」、「チューハイ」の販売数が伸長したことが原因の一つと見られます。

    続きを読む
  4. 筋トレ後は禁酒した方が良いのか?

    筋トレ後に禁酒?よく言われることですが、筋トレした日にはお酒を飲まない方が良いとされています。それは本当のことでしょうか。もし本当であれば、筋トレ後どうしてもノンアルコールドリンクを飲むことが推奨されます。

    続きを読む
  5. 業界向けノンアルコール実態調査から見た今後の動向

    「業界向けノンアルコール実態調査」とは「業界向けノンアルコール実態調査」とは、株式会社アルト・アルコが十数社の日本各地の酒販店との協力のもと行ったアンケートのことです。

    続きを読む
  6. ノンアルコールビールの企業シェア争い

    本記事では、2010年から2019年までの10年間のノンアルコールビールの企業シェアを算出したので、まとめております。こういったデータは中々残っていないため、推定値の算出に時間を要しましたが、ノンアルコールビールメーカーの栄枯盛衰を楽しんでいただければと思います。

    続きを読む
  7. ノンアルコールドリンクの「アルコール感」の出し方について

    お酒の味を模すノンアルコールドリンクにとって、「アルコール感」を出すことは非常に重要なことであると考えます。なぜならば、ノンアルコールドリンクの主要ターゲットは普段お酒を飲む人のため、お酒の味に近いという「アルコール感」をださないと、飲むインセンティブが無いからです。

    続きを読む
  8. ノンアルの低アルコール化への風潮

    アサヒ「ビアリー」の発売2021年3月にアサヒビールより、「ビアリー」が発売されました。この製品の大きな特徴は、アルコールが完全にゼロなのではなく、0.5%と微量に含まれているという点です。ただ、0.5%ものアルコールを含んでいても、ノンアルコール飲料として扱われます。

    続きを読む
  9. ノンアルコール日本酒の比較:スペシャルフリーと零の雫を飲んでみた

    ノンアルコール日本酒とはその名の通り、日本酒風味のノンアルコール飲料です。日本で最初にノンアルコール日本酒が発売されたのは、金沢市の酒蔵である福光屋より2002年12月に発売された「宴会気分」と言われています。

    続きを読む
  10. ドイツのビール純粋令と、純粋令を守るノンアルコールビール一覧

    ドイツの「ビール純粋令」とは【参考】日本ビール検定公式テキスト私は、学生時代にヨーロッパを旅行し、ドイツにも訪れたことがあります。ドイツといえば、やっぱりビールですよね。ドイツに滞在中は毎日ビールを飲み歩いていましたが飲み飽きないくらい本当に美味しかったです。

    続きを読む
ページ上部へ戻る