歴史

  1. ノンアルコールサワーの歴史

    そもそもノンアルコールサワーとは?サワーとは、スピリッツをベースに、柑橘類などの酸味のある果汁と、砂糖など甘みのある成分を加えて作るカクテルの一種に、ソーダを加えた飲み物を日本では「サワー」と呼ぶ。ちなみに「サワー」の語源は、英語のサワー(sour:酸味のある、酸っぱい)とある。

    続きを読む
  2. ノンアルコール日本酒の歴史

    ノンアルコール日本酒の歴史ノンアルコール日本酒の歴史は、ノンアルコールビールのよるにはるかに歴史が浅い。そのため、2002年12月に初めてノンアルコール日本酒が発売されてから現在にいたるまで一度に記述する。

    続きを読む
  3. ノンアルコールビールの歴史 ~新制度「機能性表示食品」の登場(2015年4月17日~)~

    市場の伸びが鈍化好調に市場を拡大し続けるノンアルコール市場であったが、2013年度のノンアルコールビールの総販売額は前年比で102.0%、2014年度のノンアルコールビールの総販売額は前年比で101.1%と、次第に成長の鈍化を見せ始めた。

    続きを読む
  4. ノンアルコールビールの歴史 ~道路交通法の再度改正とフリーの発売(2007年9月1日~)~

    道路交通法の再度改正2003年以降で「ノンアルコールビール」が再度話題に上がるようになったのは、2007年9月の道路交通法改正からである。これにより飲酒運転や酒気帯び運転が厳罰化され、さらにドライバーに酒を勧めることも刑罰の対象に加わった。

    続きを読む
  5. ノンアルコールビールの歴史 ~道路交通法の改正(2002年6月1日~)~

    道路交通法の改正「ノンアルコールビール」に関する記事が新聞に再び増加したのは、2002年以降のことである。記事の増加には、2002年6月1日に行われた道路交通法改正が大きく関係している。

    続きを読む
  6. ノンアルコールビールの歴史 ~黎明期(~2002年5月31日)~

    米国での誕生ノンアルコールビールは、1920年代に禁酒法が敷かれた米国でビールの代替品として誕生したことから始まる。英語では「Near Beer」と呼ばれていた(「日本経済新聞夕刊」1988.9.30)。

    続きを読む
  7. ノンアルコールビールの歴史 ~本テーマの説明~

    ノンアルコールビールの歴史ノンアルコールビールの歴史は、ノンアルコールビール関わる重大な外部環境の変化を元に、四つの時期に分けて記述する。その外部環境の変化とは、二回の道路交通法の改正と機能性表示食品制度の登場である。

    続きを読む
ページ上部へ戻る