Report

ノンアルコールビールの歴史 ~本テーマの説明~

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

ノンアルコールビールの歴史

ノンアルコールビールの歴史は、ノンアルコールビール関わる重大な外部環境の変化を元に、四つの時期に分けて記述する。その外部環境の変化とは、二回の道路交通法の改正と機能性表示食品制度の登場である。

第一期と第二期

一回目の道路交通法改正は、2002年6月1日に行われた。これは相次ぐ飲酒運転の死亡事故に端を発するもので、懲役や罰金等の罰則を強化した。この改正によりノンアルコールビールの需要が増加し、ビール製造大手が相次いで市場に参加したのである。そのため、2002年6月1日以降を第二期、それ以前を黎明期として第一期とする。

第三期

第三期は、2007年9月1日以降とする。理由としては、2002年6月1日以来の道路交通法改正が行われたことである。この改正では、飲酒運転や酒気帯び運転が厳罰化され、さらにドライバーに酒を勧めることも刑罰の対象に加わった。これは、福岡市東区で幼児3人が飲酒運転の犠牲になった事故などを受けたものである。この時期は、世界初のアルコール度数0.00%のノンアルコールビールであるキリンの「フリー」が発売され、市場が急拡大した時期である。

第四期

最後の第四期は、2015年4月17日からの機能性表示食品制度開始以降とする。この時期はノンアルコールビールの販売額が伸び悩んだ一方で、各ビール製造会社による健康をテーマした新製品の投入が相次いだ。

歴史に記載されている内容は、各新聞社の記事と市場での販売額、各企業のシェアおよび一部のインターネット文献を元に記述を行った。

また、これは著者の予想であるが、新商品の流れから見るに今後はアルコール度数0.1%から1.0%未満の酒税法上のノンアルコール飲料、「ローアルコール飲料」の時代が来ると見られる。もしローアルコール飲料の商品が市場をにぎわせるようであれば、第五期の歴史も記述を行う予定である。

各記事へ

ノンアルコールビールの歴史 ~黎明期(~2002年5月31日)~

ノンアルコールビールの歴史 ~道路交通法の改正(2002年6月1日~)~

ノンアルコールビールの歴史 ~道路交通法の改正(2007年9月1日~)~

ノンアルコールビールの歴史 ~新制度「機能性表示食品」の登場(2015年4月17日~)~

関連記事

ページ上部へ戻る